カーセブンチェーンフィロソフィー

フィロソフィーとは?

「会社の規範となるべき規則、約束事」です。

この会社はこういう規範で経営をしていきますという、企業内で必要とされるルール・モラルが要素の一つとして含まれています。

「企業が目指すべき目的、目標を達成するために必要な考え方」という要素です。

「人間としての正しい生き方、あるべき姿」を示すという要素です。私たち一人一人が、より良い人生をおくるために必要な人生の真理を表しています。

カーセブンチェーンの信念

カーセブンフランチャイズチェーンとして全ての加盟店舗が追究すべき基本原則・価値観を示すためのものであり全従業員が共有し、実践すべき重要な指針となるものと考えています。

顧客・自社・業界のためのみならず、加盟店舗で働く従業員の一人ひとりが、社会と共に「正々堂々と、生きる」ことを目指し、日々の業務に励んでいただくことにあります。

そこで私たちは、加盟店舗の経営者や従業員の皆さまが、自ら業務において迷いや困難に直面した際の指針となり適切な判断や行動を促す助けになればという想いからフィロソフィを作成しました。

1~9項目目は全店舗共通のフィロソフィーをカーセブン本部で設定し、10項目目は店舗毎でフィロソフィーを考案いしました。